関西学院大学高校生特設サイト > 神戸三田キャンパス > 分野横断型の教育システム

分野横断型の教育システムを確立

文理の境界、
学問分野を飛び越えよう。

自分を変え、
世界を変える力をつける。

「専門分野の学び」+「境界を越える学び」で
“Borderless Innovator”(革新者)を育てる。

IoTやAI(人工知能)、ロボット工学の進歩による社会の急激な変化で、「文理に分かれて学ぶ」という時代は終わろうとしています。その理由はいま世界が抱えている数々の問題から考えても明らかです。環境・エネルギー・健康・福祉・疫病・テロリズム・貧困…。多様化・複雑化している地球規模の課題は、いずれも個別の学問領域で対処できることではありません。文理の壁を取り払い、複合的な考え方で取り組むことで、初めて解決への道筋が見えてくるのです。

そうした時代において、これからの社会には、複数の領域にまたがる知識や専門性を組み合わせたイノベーションが求められます。この要請に応えるべく、KSCでは文理の専門分野の基礎科目で構成された「KSC分野横断科目群」と、SDGsへの考察を深める「KSC総合教育科目」を設置。理系4学部と総合政策学部で文理の境界、学問分野を越えた分野横断型の学びを実現します。特に理系4学部では、学部内での専攻分野の横断を積極的に推進。専門外の領域に踏み込んだ研究を可能にすることで、複眼的な視点を持つ“Borderless Innovator”(革新者)を育成します。

拡大して見る

KSC分野横断科目群

総合政策学部

起業家育成プログラム

経営学/会計学/経営戦略論/経営管理論/経営組織論/マーケティング論/国際企業論/プロジェクト評価論

3学部共同(理学部、工学部、生命環境学部)

自然科学基礎プログラム

代数入門/宇宙物理学入門/先進エネルギーナノ工学詳論/環境化学/基礎地学I/生命科学I/生命科学II

理学部

数理科学プログラム

微積分学II/線形代数学II/代数入門/幾何入門/関数論入門/応用数理入門/確率統計入門/基礎解析学II

物理・宇宙基礎プログラム

宇宙物理学入門/デモンストレーション物理学I/デモンストレーション物理学II/物理・宇宙計測学/研究学

化学基礎プログラム

基礎化学A/基礎化学B/基礎化学C/物理化学I/分析化学I/有機化学I/無機化学I

工学部

物質工学プログラム

物質化学I/物質化学II/ナノ物性量子力学I/先進エネルギーナノ工学詳論/ナノ物性量子力学II/物質設計ナノ工学

電気電子工学プログラム

電気電子回路基礎/アナログ回路/電気回路/エネルギー半導体工学/電子デバイス/電磁波工学/パワーエレクトロニクス/通信工学概論

情報工学基礎プログラム

情報工学概論/コンピュータ演習A/論理回路/コンピュータアーキテクチャ/ネットワーク

実践人工知能基礎プログラム

AI活用入門/AI活用実践演習B/データサイエンス実践演習I/理工のためのAI基礎/線形代数学I/コンピュータ演習A

生命環境学部

生命科学プログラム

生命科学I/生命科学II/微生物学/系統分類学/生化学/薬理学

環境応用化学プログラム

環境化学/基礎化学A/基礎化学B/基礎化学C/基礎量子化学/高分子化学

建築学部

建築学プログラム

現代建築デザイン論/近代建築史/アジア建築史/都市・農村計画/都市デザイン論/住宅政策論/都市防災論/都市再生論

KSC総合教育科目

「SDGs実践入門」(仮称)

SDGsを達成するため、その内容を把握し、ビジネスやNPOなどの見地からソーシャル・イノベーションについて考察します。授業は各学部の教員をはじめ、ダボス会議にもつながる若手事業家集団のNPO「グローバル・シェイパーズ」などのゲスト講師で行なわれるオムニバス形式。文系、理系の学生がともに学ぶ、文理横断型開講科目となります。

PICK UP

特色のある新しい学び

Multiple Majorsマルチプル・メジャー(複専攻)

工学部

専攻分野に関連性の深い、隣接分野を学ぶ。

工学部では、政府の工学系教育改革の方針を受け、分野横断する課程制を導入。さらに自らの専門に加え、隣接する専門分野も学ぶマルチプル・メジャー(複専攻科目)により、専門性を深めることができます。

工学部の詳細へ

Major Minor Programメジャー・マイナー(主専攻・副専攻)

建築学部

総合政策学部

主専攻に加え、他分野を副専攻として学ぶ。

自然科学、人文科学、社会科学の総合的な体系のもとに成立する建築学。建築学部では、建物自体の建築を学ぶだけでなく、都市建築や都市デザイン、都市政策にも軸を置いて学びます。そのため、総合政策学部との親和性が非常に高く、双方の分野を学べるメジャー・マイナー制度を導入します。また、総合政策学部では建築学部の指定科目を修得することで、卒業時に一級建築士の受験資格を取得できます。

Late Specializationレイト・スペシャライゼーション(入学後に学科を選べるシステム)

総合政策学部

1年次で基礎を学び、2年次で学科を選ぶ柔軟さ。

総合政策学部の4学科(総合政策、メディア情報、都市政策、国際政策)は、それぞれの学科が独立しているのではなく、取り組む課題や学問的アプローチの点で、互いに深い関係を持っています。そのため、1年次はこれらの学科の枠にとらわれない学びを展開。2年次に学科を選択し、専攻科目やフィールドワークで専門知識を深化させます。他学科の科目も履修でき、総合的な視野を養います。

総合政策学部の詳細へ

神戸三田キャンパスTOPへ

資料請求はコチラ

で入試情報をお届け!今すぐ友達登録!