関西学院大学高校生特設サイト > 神戸三田キャンパス > アントレプレナー育成プログラム

アントレプレナー育成プログラム

さぁ、起業しよう。

大学という枠も、文理の境界も越えた学びで、
「社会を変える力」を身につける。

社長出身大学ランキング 関西No.1

今、社会で求められるのは“起業家精神”(アントレプレナーシップ)

「就職をめざしているから」「私は理系だから」
それらは決して“起業について学ばない理由”にはなりません。

新たなビジネスの創造に挑戦する起業家(アントレプレナー)は、社会に変革をもたらし、次の時代を切り拓く力を生み出します。
だからこそ企業でも、こうした起業家精神あふれる人材が強く求められています。
なかでも理系学生には「専門知識+起業家精神により、科学・技術を社会の問題解決につなげる」という期待が寄せられます。

そこでKSCでは、文理の境界を越え、起業家精神を育む独自のプログラムを構築。
卒業後に自らのアイデアで起業することも視野に入れた、
“起業を実践する” という、従来の大学という枠をも越えた学びを実現します。

アントレプレナー育成プログラム概要

01

関学オリジナルの正課科目

理系も文系も、起業に必要な知識やスキルを
基礎からじっくり身につける。

本プログラムでは、アントレプレナーシップを育てるための4つの学び「AI活用人材育成プログラム」「KSC分野横断科目群」「ベンチャービジネス創成」「ベンチャービジネス演習」を、正課科目の授業として展開。KSCの理系4学部と総合政策学部、それぞれに向けたカリキュラムで、文理を問わず、起業に向けた知識やスキルを確実に養います。

AI活用人材育成プログラム

日本IBMとの共同開発した最先端プログラムで
初学者でも基礎から確実に修得できる。

今や起業の公式は「X×AI」。すなわち、新しいビジネスを生み出すには、X(何か)とAI(人工知能)とを組み合わせる視点が求められるなど、AIの重要性は高まっているのです。そこで本学では、日本IBMとの共同開発による「AI活用人材育成プログラム」を2019年より全学で開講しており、文系・理系問わず、AI技術やデータサイエンスの基礎知識からビジネスへの応用まで、AI活用に必要な知識やスキルを段階的に積み上げる学びを展開。AI活用の実践に挑戦するPBL(課題解決型学習)にも取り組みます。

AI活用人材とは?

詳しくはこちら

KSC分野横断科目群

理系専攻分野と経営学とをあわせて学修。
「科学・技術」を社会の問題解決に
つなげる力を養う。

総合政策学部で開講されている経営学系の科目群を、「分野横断科目群」として理系4学部の学生も履修できるようにしています。これにより理系の学生も、会計やマーケティング、経営管理など、起業や新規事業に欠かせない経営関連の知識を基礎からしっかりと身につけることが可能です。下記の8科目のうち、4科目(8単位)を修得すれば修了証を取得できます。まさに「文理横断型キャンパス」だからできるシステムです。

KSC分野横断科目(総合政策学部提供)

経営学/会計学/経営戦略論/経営管理論/経営組織論/マーケティング論/国際企業論/プロジェクト評価論

ベンチャービジネス創成

理学部が開講する科目で、理系学生が科学・技術を実社会の課題解決に結びつけるための知識や考え方を身につけるための学修を行います。ベンチャー企業で株式上場を果たしている本学出身の起業家7人を講師として招き、リレー講座を展開。また、演習ではグループワークを行い、ビジネスモデルへの理解を深めます。

ベンチャービジネス演習

総合政策学部が開講する科目です。実際に起業家として社会で活躍している同学部の卒業生5人ほどが講師として来学。オムニバス形式で、学部の後輩たちのために自らの実体験に基づいた起業ノウハウや実務情報の提供を行います。先輩たちの姿と、自分たちの将来のイメージとを照らし合わせながら、リアルな学びが得られます。

02

起業体験ができる課外プログラム

自分たちのビジネスプラン実現に向け、
起業を体験し、その実践スキルを磨く。

Kwansei Gakuin STARTUP ACADEMY for KSC

「学習×実践」の積み重ねで
経営スキルを徹底的に学びとり、
起業家への最初の一歩を踏み出す。

起業に必要な実践スキルを養う正課外プログラムです。2017年から西宮上ケ原キャンパスで開講されている「STARTUP ACADEMY」を、理系の学生が学びやすいよう、KSC向けにアレンジしました。下表のサイクルを繰り返し、机上の学びだけでなく、実際に事業を運営する「学習×実践」による「本物の起業体験」を積み重ねます。最終クールでは、卒業後に実際に取り組みたい事業プランの作成に挑戦。西宮上ケ原キャンパスではすでに1〜2期生で合計4社の法人を設立し、売上1億円を超える例も出ています。

起業するまでのイメージ

経営スキル学習・起業体験1.5ヶ月×3回 = 4.5ヶ月

卒業後に取り組む事業プランの作成1.5ヶ月

03

ビジネスピッチコンテスト

客観的評価を通して自らの実力や課題を確かめ、
レベルアップへとつなげる。

学生たち自身が立案したビジネスプランによる学内コンテストも積極的に開催。西宮上ケ原キャンパスで起業について学んでいる学生たちとも競い合い、お互いを高め合う機会となります。

Hult Prize On Campus

“学生のノーベル賞”と称される「Hult Prize」は、世界の学生による起業アイデアのビジネスコンテスト。毎年、SDGsに関連するテーマが設けられ、10回目となった昨年は120ヵ国以上から参加者が集まりました。この大会に関西学院大学代表チームとして出場するメンバーを選出するコンテストを、学内で実施しています。

Kwansei Gakuin PITCH CONTEST

「Kwansei Gakuin STARTUP ACADEMY」の修了者、「Hult Prize」の関西学院大学代表チームなどが参加。先輩にあたる本学出身の起業家たちの前で、自らのビジネスプランについてピッチ(短めのプレゼンテーション)を行い、フィードバックを受けるコンテストです。

PICK UP

本学出身の「社長」たちがエンジェルに。
約30億円の資金提供で、起業を力強く支援してくれる。

次世代のビジネスの担い手となる起業家に、資金面などのバックアップを行う個人の投資家を「エンジェル投資家」と言います。
本学のアントレプレナー育成プログラムでは、起業して株式上場(IPO)を果たした本学卒業生たちがこのエンジェル投資家となり、母校で起業をめざす後輩学生に総額30億円もの資金提供を行う予定。下表に示す通り、これまでに実際に数多くの起業家や経営者を輩出してきた実績を持つ、本学だからこそ実現できるプランです。

起業家育成に力を入れてきた
関西学院大学の実績

一部上場企業
社長の出身大学ランキング
朝日新聞出版『大学ランキング』
2020年版より

全国9位(37人)

関西私立大学1関西大学10位/同志社大学12位/立命館大学28位

東証マザーズ上場企業社長・
出身大学ランキング
『プレジデント』2018年10月1日号より

全国3位(7人)

関西1京都大学・大阪大学7位/関西大学12位/同志社大学22位

IPOアントレプレナー
100人創出プロジェクト

2016年からスタートした「IPOアントレプレナー100人創出プロジェクト」。学院創立150周年にあたる2039年までに、アントレプレナーシップに基づいて自ら事業を起こし、IPO(Initial Public Offering=株式上場)を行う卒業生を100人輩出することが目標です。KSCアントレプレナーシップ育成プログラムも、このプロジェクトの一環として大きな力が注がれます。

プログラムの内容は予定であり、変更になる場合があります。

神戸三田キャンパスTOPへ

資料請求はコチラ

で入試情報をお届け!今すぐ友達登録!