関西学院大学では大学院として文理14の研究科を設置。体系的かつ高度な大学院教育・研究を通して、「学んだことを深めたい」というニーズに応えるとともに社会と学術の発展に貢献しています。また、国連・国際機関の職員、外交官に必要な力を養う大学院副専攻「国連・外交コース」を設置。世界を変革できる高度な研究者・スペシャリストを育成します。 

神学研究科

社会とキリスト教界の発展に寄与する高度な神学の専門家としての能力を磨く

「聖書」「歴史・文化」「組織」「実践」の4分野を研究フィールドとし、キリスト教界の指導者に必要な実質的能力を養う一方、キリスト教の歴史・文化・思想における専門知識と思索を深めるカリキュラムを編成。高度な神学研究を行うために不可欠な能力を磨きます。(西宮上ケ原キャンパス)

 

文学研究科

3専攻12領域を有機的に結合させより広く深い教育・研究を推進

文化歴史学、総合心理科学、文学言語学の3専攻12領域を設置。豊富な資料・史料や調査研究機器を完備したほか、各界の専門家による特殊講義を実施しています。学校教育学領域では教育現場の今日的課題解決に向け、現役教員も対象に専門職業人を育成します。(西宮上ケ原キャンパス)

 

社会学研究科

現実社会の多様な課題を分析し解決する力を育み、伸ばす

現実社会を観察・調査・分析し、専門知識に基づいて課題の解決に応用できる能力を伸ばすことをめざします。前期課程では社会調査の専門家を育てる「専門社会調査士コース」を開設。また、「先端社会研究所」と連携し、独創的な研究を担う若手研究者の育成を図ります。(西宮上ケ原キャンパス)

 

法学研究科

社会の要望に合わせて2コースを設置し、法律・政治の高度な研究者、専門家を育てる

法学・政治学を研究する人材を育成する「アカデミックコース」と、高度な専門職業人を育てる「エキスパートコース」を設置しています。「エキスパートコース」は「法律実務」「ビジネス法務」「公共政策」「国際法政」「自由研究」の5プログラムから構成されています。(西宮上ケ原キャンパス)

 

経済学研究科

国際的視野と多元的視点を持つ時代のニーズに合った経済の専門家を養成

経済学の高等教育機関として学部での教育をより深く追究する研究者に加え、税理士や会計士、経済の専門家として一般企業や公共機関で働く高度職業人をめざす人を養成します。また、昼夜開講の社会人コースも設置、高度職業人やエコノミストを育てます。(西宮上ケ原キャンパス)

 

商学研究科

研究職コースと専門学職コースを設置高い分析力と深い洞察力を養う

前期・後期課程の5年間一貫の「研究職コース」と、2年間の「専門学職コース」を設置。経営学、会計学、マーケティング、ファイナンス、ビジネス情報、国際ビジネスの6分野を研究対象に、新しいアプローチや学際的視点から研究を進め、高い分析力と深い洞察力を養います。(西宮上ケ原キャンパス)

 

理工学研究科

研究内容が国内外で高く評価英語運用能力を高める教育も推進

2019年4月より新3専攻を設置し、理工学部から理工学研究科での継続した教育研究が可能となりました。文部科学省をはじめとする各種事業に採択、および外部資金を獲得するなど、研究において高い評価を得ています。英語で学位が取得できる「国際修士プログラム」など、英語運用能力を高める教育も推進しています。(神戸三田キャンパス)

 

総合政策研究科

「現場」を重視した実践型教育を推進し、高度な政策分析能力、国際社会が求める政策提言能力を磨く

「自然と人間の共生、人間と人間の共生」を基本理念に、学際的・複合的アプローチによる教育・指導を行い、社会の各分野で指導的役割を果たす高度専門的職業人の養成と専門的能力を十分に有する研究者の育成を図ります。(神戸三田キャンパス)

 

人間福祉研究科

人と社会(環境)の交互作用を学び多様な諸問題の解決を図る

学際的なアプローチによる問題解決を通し、社会に貢献できる人材を養成。前期課程では、人間福祉の諸領域における専門的知識・能力を修得し、多様な分野で活躍できる人材を育成。後期課程では学問研究の継承と独創的な研究による博士学位取得をめざします。(西宮上ケ原キャンパス)

 

教育学研究科

「子ども理解」をベースに現代社会の教育問題を解決する

「子ども理解」を深め、教育や人間、共生の本質を問いながら人間形成上の諸問題に向き合う教育と研究を実践。乳幼児教育研究領域と共生教育研究領域の2つの研究領域を設け、前期課程は研究者養成コースと高度教育コースを設置。後期課程では博士論文の作成を目的とします。(西宮聖和キャンパス)

 

国際学研究科

国際的課題、地域の課題解決に貢献するスペシャリスト育成をめざす

国際社会における地域的・地球的課題に対し、人文・社会科学的に分析・解決できる高度な知的人材を育成。文化、社会・ガバナンス、経済・経営の3つの専門領域に基づき、北米研究・アジア研究コースに加えグローバル研究コースを設置。横断的、学際的に研究を深めます。(西宮上ケ原キャンパス)

 

言語コミュニケーション文化研究科

「英語の関学」の伝統を継承し言語コミュニケーションの発展に寄与する

「英語の関学」の伝統を引き継ぎ、言語コミュニケーション能力を育む教育と言語の専門研究を実施。前期課程は「言語科学」「言語文化学」「言語教育学」「日本語教育学」などのプログラムを設置。後期課程はこれらを統合した「言語コミュニケーション文化学」を探究します。(西宮上ケ原キャンパス)

司法研究科( ロースクール)

「人権」「企業」「国際」「公務」に強い法律の高度専門職業人を養成する

弁護士、裁判官、検察官の法曹三者の養成に特化した専門職大学院です。「人権感覚豊かな市民法曹」「企業法務に強い法曹」「国際的に活躍できる法曹」「公務に強い法曹」をめざし、基本的能力や資質を持ちつつ、法的問題の多様化・専門化・国際化に確実に対応できる能力を育成します。(西宮北口キャンパス)

 

経営戦略研究科

日本経済を変革し国際社会をリードする経営、会計のプロフェッショナルを育成

「ビジネススクール(経営戦略専攻)」と「アカウンティングスクール(会計専門職専攻)」を設置。高度な専門的知識、国際的な視点・スキルを備え、日本経済を変革し国際社会をリードする経営、会計のプロフェッショナルを育成します。(西宮上ケ原・大阪梅田キャンパス)

 

大学院副専攻「 国連・外交コース」

国連・国際機関などの職員養成に特化した本格的なプログラム

コース全科目の授業を英語、少人数かつ演習主体で実施し、海外大学院と同等のレベルで展開しています。ヨーロッパやアジアからの留学生も交えた、グローバルな学習環境の中で、英語でのディスカッション、プレゼンテーション、リサーチなどを通じ、国際社会の現場で通用するコンピテンシーを養います。コース受講料は必要ありません(ただし大学院の学費は要)。